03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログをお引越ししました。

このたび、ブログをお引越ししました。 どうぞよろしくお願い致します!
新しいブログは
フェルデンクライス広島ブログ
です。どうぞよろしくお願い致します。

レッスン・ワークショップ情報

■定期グループレッスン■

スペーシアでのグループレッスン

広大でのグループレッスン
  
個人レッスン
   水・木・土・日曜日

*広島市内、呉市内で
 やっております。        
個人レッスン・グループレッスンに
ついてはこちらから

        
*グループレッスン・個人レッスンは
 必ず事前にお申し込みされますよう
 お願いします。
*お申込み・お問い合わせは、
 こちらのメールフォームからどうぞ
 電話からは070-5673-1498
 よりお願いします。
フェルデンクライス・メソッドって
何?は→ 
コチラ
フェルデンクライス・メソッドが1分間で分かるリーフレットは→ コチラ

Facebookページ

プロフィール

藤田 千穂

Author:藤田 千穂
広島でフェルデンクライスメソッド
プラクティショナーをしています。

*フェルデンクライス広島 主宰

*AusTAB認定 
フェルデンクライスメソッド
プラクティショナー

*看護師

お問い合わせ・お申込み

お申込み・お問い合わせはこちらの
メールフォームよりお願いします。
電話からは 070-5673-1498
よりお願いします。

最新記事

カテゴリ

openclose

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

お問い合わせはこちからでも!

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログサイト

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腰痛を発症している人の約8割は原因が特定できない!!

2013.07.06 17:05|フェルデンクライスとは
7月2日にNHKで放送されたクローズアップ現代で腰痛について取り上げられていました。

~番組趣旨より~
今春、厚生労働省は驚くべき調査結果を発表した。国内の2800万人が腰痛に苦しんでいることが、
全国調査で判明したのである。しかもその8割が原因不明であることも明らかになった。
多くの腰痛の原因は「心理的・社会的ストレス」だとし、日常生活の改善こそが
腰痛予防につながるとされたのである。
今、腰痛治療の現場は、心療内科医とチームを組んだ体制が作られるなど、大きく変わろうしている。

詳細はこちらをどうぞ→腰痛 2800万人時代  ~変わる“常識”~

これまで原因の分からなかった腰痛が、心理社会的要因で惹き起こされている!
つまり、ストレスが大きな要因になっている!とは興味深い内容ですね~
やはり”からだ”と”こころ”はつながっているということでしょうか・・・

でも、私が興味を持ったのはここだけではありません!!
腰痛の約8割は原因が特定されていない!というところです。
腰痛の原因で多いものとして椎間板ヘルニアがあります。
しかし、腰痛を発症していない成人の76%にもこの椎間板ヘルニアは見られるそうなんです。
レントゲン上で椎間板ヘルニアがみられたとしても、痛みを訴える人は一部で、
ほとんどの人は腰痛にならないというのです!!!


私はこの放送を見ていて、フェルデンクライスメソッドのトレーナーである、
アラン・クェステル(Alan Questel) の言葉を思い出しました。
うろ覚えなので内容が正確ではないかもしれないですが・・・

”椎間板が潰れているというのは問題ではありません。
そこにどのくらいの力がかかっていたか?ということが問題となるのです。
そして、私たちプラクティショナーの仕事は『力を分散する』ということです。”


アランの話によると・・・
ある研究機関が、椎間板が潰れているなどの所見と腰痛の既往との関係を調べるために
何人もの人に脊椎のMRIを撮影したことがあったそうです。
当然、何らかの病変を認める人が腰痛を発症していたであろうという予測だった訳ですが・・・
結果は・・・
”MRI上で椎間板が潰れているなどの所見があったとしても腰痛の既往がない人が多かった”
というものだったそうです。
そう!NHKでの放送内容と同じことが起きていたのです。


腰痛など体に起こっている様々な症状は何らかの病気やケガで起こっているものもありますが、
日常生活で無意識にやっている偏った体の使い方がもとで起きている場合もとても多いのです。

腰痛に限らず、私たちの多くは体に痛みがあったりケガをするとすぐに治そう、早く回復しようとします。
そのために体を強くしようと筋トレしたり、柔軟性を高めようとストレッチしたり、
または問題となっている活動を避けようとします。

多くの人は、日常生活での自分のからだの使い方や動きが原因だとは思わないのです。

フェルデンクライスメソッドのレッスンでは、
自分のやっていることに注意を向け、体を上手に効率よく使う方法を学びます。
動きのつながりを感じていくことで部分的に力がかかるような動き方ではなく、
体のすべての部分をあらゆる動きに参加させるための動きや体の使い方を学びます。
そうすると体にかかる力を分散させて動くということが身に付いて痛みやケガを防ぐことにも
つながっていきます。
興味のある方はぜひ一度フェルデンクライスメソッドのレッスンを受けてみてくださいね!

余談ですが・・・今年は厚労省が19年ぶりに職場における腰痛予防対策指針の改訂をされたそうです。
詳しくはこちらをどうぞ→職場における腰痛予防対策指針


7月のサロン ド フォーレのグループレッスンは、13日・27日(土) 13:30~14:30  
広大でグループレッッスンは、7月14日(日) 10:30~12:30

お申込み・お問い合わせは、こちらのメールフォームよりお願いします。

*もっといろんな方にフェルデンクライスメソッドを知っていただきたいため、
 ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです!*


広島ブログ  
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 呉情報へ
にほんブログ村

関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。