05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログをお引越ししました。

このたび、ブログをお引越ししました。 どうぞよろしくお願い致します!
新しいブログは
フェルデンクライス広島ブログ
です。どうぞよろしくお願い致します。

レッスン・ワークショップ情報

■定期グループレッスン■

スペーシアでのグループレッスン

広大でのグループレッスン
  
個人レッスン
   水・木・土・日曜日

*広島市内、呉市内で
 やっております。        
個人レッスン・グループレッスンに
ついてはこちらから

        
*グループレッスン・個人レッスンは
 必ず事前にお申し込みされますよう
 お願いします。
*お申込み・お問い合わせは、
 こちらのメールフォームからどうぞ
 電話からは070-5673-1498
 よりお願いします。
フェルデンクライス・メソッドって
何?は→ 
コチラ
フェルデンクライス・メソッドが1分間で分かるリーフレットは→ コチラ

Facebookページ

プロフィール

藤田 千穂

Author:藤田 千穂
広島でフェルデンクライスメソッド
プラクティショナーをしています。

*フェルデンクライス広島 主宰

*AusTAB認定 
フェルデンクライスメソッド
プラクティショナー

*看護師

お問い合わせ・お申込み

お申込み・お問い合わせはこちらの
メールフォームよりお願いします。
電話からは 070-5673-1498
よりお願いします。

最新記事

カテゴリ

openclose

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

お問い合わせはこちからでも!

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログサイト

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身体に『気づき』を与える

2012.10.13 21:21|フェルデンクライスとは
以前の記事 ”気づき”のメソッドというけれど・・・その2 で、
”気づき”がフェルデンクライスで価値を置いていると書きました。

同じようなことを北京五輪で4×100mリレーの最終走者として日本男子トラック種目
史上初の銅メダルをもたらした、朝原宣治さんがおっしゃっていました。
彼は選手としてドイツへ留学されたそうですが、そこでのトレーニングはユニークなもの
だったようです。

僕がドイツでやっていたのは技術練習ではなく、
一度、走る前にわざと崩してから走ったりするもので、たとえば、腕を前や後ろに回しながら
走ったりするんです。そうすると非常に走りにくい。
走りの邪魔になる動作をすることで、じゃぁ、邪魔にならないように走りましょう、という
身体に『気付き』を与えるような練習でした。

他にも後ろ向きや横向きに走ったり、音楽に合わせながら身体を動かしたり。
一見、走りに全く関係ないような動きを取り入れて、トータルに身体のバランスを整えたり、
刺激を与えて反射をみるような練習です。

              ”『LIVE』Vol.24 プロセスが「自分の走り」を極める。”より


これってまさにフェルデンクライスじゃないですか~!って思ったのは私だけかしら・・・
フェルデンクライスのレッスンでも似たようなことをやります。

例えば、床の上で頭を転がすという動き、これは色々あるレッスンの中でよくやる動きなのですが・・
興味のある方は床に寝っ転がって試してみてくださいネ!ゆっくりやってください。

1.まず、床の上で頭を左右に転がします、この時、目を頭が転がっていく方向と同じ方に動かします。
  右に頭が転がれば目も右に、頭が左に転がるときは目も左へ・・・という感じです。
  何度か繰り返します。

2.次に同じように頭を左右に転がすのですが、今度は目の動きを頭と反対に動かします。
  頭が右に転がる時は目は左に、頭が左に転がるときは目は右へ・・・
  これも何度か繰り返します。
  目が頭と逆に動くので、先ほどより頭が動かしにくいと思います。
  この時、力を使ってグイグイやろうとしないで、やりにくかったら小さな動きにします。
  速く動いてませんか?ゆっくり滑らかに動いてみましょう。

3.もう一度、1の動きに戻って頭を転がす動きに違いがあるかに注意をむけてください。
  動きは軽いですか?


”2”の動きはやりにくかったですか?
この動きは、私たちが日頃使う目の動きとはちょっと違います。
なので、殆どの人がやりにくいと思います。
でも、わざとやりにくい動きをフェルデンクライスのレッスンではやります。
敢えてやりにくい動きをして、どうしたらもっと軽く、ラクにできるか?ということを色々試します。
そのためには自分のやっていることに『気づく』必要があります。
例えば頭と目の動きの方向を変えた途端、息を詰めなかったですか?
奥歯をグッと噛みしめませんでしたか?
首の後ろに力が入っていませんでしたか?目は柔らかくしていられましたか?
ラクにできるためには身体の動きをどこか変えなければいけないかもしれませんね?どこでしょう?
と、こんな風にどんどん自分の身体に『気づき』を与えていきます。
そうすると、元々の動きが努力感なく変化していることに気づくかもしれません。

朝原さんがフェルデンクライスを知っていらっしゃるかは分かりませんが、
彼が経験したトレーニングはとてもフェルデンクライス的だな~と思いました。

彼は、こんなことも語っています。

感性を磨けば、専門種目を極めるときも、考え方やひらめき、技術を習得するときのアプローチにも
非常に幅が出てくると思うんです。


やっぱり調子のいいときや、走り方が良かったときは、ラクに距離や時間を
クリアできているはずなんです。
そのときのプロセスをちゃんと知っておくこと。それが大事ですね。


朝原さんのようなトップアスリートぐらいになると、良い走り方とか良いフォームということだけでなく、
それをやっているときの感覚、どうやってそれをやっているのか?ということを
自分が知っていることが大事である
ということを自然と分かってやっていらっしゃるんですね~
フェルデンクライス的ですごく共感できます。

長くなってしまいましたが・・・
フェルデンクライスに興味のある方!ぜひ一度レッスンを受けてみてくださいね!



■ グループレッスン

  広大でのレッスン      2か月に1回 次回は12月15日(土) 10:30~12:00

 スペースラボ         第2・第4 土曜日 13:00~14:00  詳細はこちら

■ 個人レッスン

 水・木曜日 (土日は要相談)   詳細はこちら
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。